個人再生の返済額はいくらになりますか?

  
小規模再生と給与再生の返済額は次のとおりです。 1.小規模個人再生の場合 ①最低弁済基準額 または ②清算価値保証原則 のうち金額が高いほう ①最低弁済基準額
100万円未満の場合 100万円
100万円以上500万円未満の場合
500万円以上1500万円未満の場合 債務額の2割
1500万円以上3000万円未満の場合 300万円
3000万円以上5000万円以下の場合 債務額の1割
例えば、住宅ローンを除いた借金が450万円の場合、最低弁済額は100万円となり、これを三年間(一ヶ月あたり約2.7万円)で返済していくことになります。但し、あくまで最低弁済額であり、これより多くなる場合もあります。 ②清算価値保証原則 仮に破産して債務者の財産を清算した場合、上記最低弁済額より多い価額が発生したら、その価格を支払うことになります。 例えば、
  • 不動産であればその時価から住宅ローンの残債務額を差し引いた残価値
  • 預貯金はその額
  • 生命保険の場合には解約返戻金
  • 自動車の時価
  • 退職金見込額の8分の1
etc… これらの合計額が仮に150万円だったとすれば、再生計画案は、この金額を上回る支払総額を設定しなければならないということです。 2、給与所得者等再生の場合 上記の①最低弁済基準額 ②清算価値保証原則 に加えて③可処分所得の二年分 この三者の中で最も大きいものが最低弁済額となります。 小規模再生と給与再生の返済額は次のとおりです。

関連するQ&A