小規模個人再生と給与所得者等再生の違いはなんですか?

  
小規模個人再生 給与所得者等再生
対象者 個人の方で、住宅ローンを除いた債務総額が5,000万円を超えず、将来において継続した収入が見込める、個人事業者、給与所得者、会社役員の方 小規模個人再生の対象者の中でも、特に給与所得者などの給与またはこれに類する定期的な収入が見込まれる方で、なおかつ収入額の変動幅が小さい方
特徴 債権者の半数(金額もしくは件数)から、同意しない旨の表示を出されると却下される 債権者の同意は不要だが、小規模個人再生にくらべ弁済額が多くなるケースが多い
小規模個人再生と給与所得者等再生の違い

関連するQ&A