過払いとは

払い過ぎたお金,いわゆる過払い金がある場合は貸金業者から返還してもらいます。

取引が長期間行われていた場合は,再計算により“既に元金は完済している”という状態になります。
完済しているわけですから当然支払う必要はありません。
完済後に返済金として支払いをしていたお金は“支払う必要がなかったお金”となりますので,金融業者から返還してもらいます。
取引の内容にもよりますが,おおよそ7年を超える継続した取引をしていた場合は過払いになる可能性があります。

関連するページ

任意整理とは? 任意整理の途中で個人再生に替えることはできますか?