総量規制

2010年にスタートした「借りすぎによる生活破綻」から保護するためにつくられた法律で改正貸金業法にて制定されました。 貸金業者が個人にお金を貸す際、年収の3分の1を超えて貸付けてはならないという規制のこと。 事業資金や一部のローンは、総量規制の除外または例外となっている。 貸金業者からの借り入れが対象のため、銀行からの貸付は対象外となる。 年収の3分の1を超えて 貸付けてはならない

関連するページ

利息制限法 連帯保証人