事故情報

個人信用情報に延滞情報や債務整理の情報が記載されることで、「事故情報」が登録されると一定の期間は新たに借入をすることが難しくなります。 現在では事故情報の保有期間は、どの機関でも延滞情報などの取引の記録は5年程度、自己破産など官報の情報は7年〜10年程度の期限とされています。 年数がたつと信用情報機関によりその情報は削除されています。 「事故情報」が登録されると一定の期間は新たに借入をすることが難しくなります。