利息制限法

暴利や貸主による搾取から消費者を保護するために金利の割合について決められた法律。 利息制限法第1条では下記の通り定められています。
  • 元本が100,000円未満の場合 年2割(20%)
  • 元本が100,000円以上1,000,000円未満の場合 年1割8分(18%)
  • 元本が1,000,000円以上の場合 年1割5分(15%)
この上限金利を超える金利を設定しても,その超過部分の金利は無効になる。 個人や法人、事業や非事業といった区別なく適用される。 利息制限法とは,暴利や貸主による搾取から消費者を保護するために,金銭消費貸借における利息や遅延損害金の利率を一定限度に制限する法律です。

関連するページ

グレーゾーン金利とは 総量規制 過払いとは