任意整理

カードの支払いが大変。なかなか元金が減らない。 任意整理で解決して安心しましょう

任意整理とは

借金の返済が追い付かず、毎月利息を払うのがやっとだ。 返済を続けているのになかなか減らない。 借金を返すために別の金融会社から借り入れをした。

こういった問題を解消するための手段を債務整理といい、その中でもごく一般的な方法が任意整理です。 任意整理は、借入中の借金について金融業者などの債権者と代理人が直接交渉し月々の返済額を下げ原則利息を無くした契約に変更する方法です。この際、裁判所の関与はありません。

5年程度で返済の見込みがあると判断できた場合に選択することができます。利息制限法による引き直し計算を行うと、利息を払い過ぎている=過払い金が発生していることがあります。過払い金が発生している場合は金融業者に対し返還請求を行うことができます。

任意整理について

任意整理の手続き

1.任意整理を依頼する

2.返済を一時的にストップする

まず、代理人が交渉先の業者(金融会社など)に対して、任意整理を行うにあたっての以下のことが書かれた書類を送付します。

  1. 今後一切直接の連絡・請求は禁止します。
  2. 依頼人に関しての連絡はすべて代理人にしてください。
  3. 契約内容ならびに現在の残高を書面で送ってください。
  4. 初回の契約から完済した分も含め,取引の履歴を書面で送ってください。

3.利息制限法にもとづく計算で引きなおす

利息制限法を超えた利息での貸付が行われていたかを、金融業者から提出された契約内容をもとに調査します。制限を超過した利息での貸付があった場合、これまでのすべての取引を利息制限法にもとづいて計算し直し、元本の金額を調べます。

利息制限法に基づく引き直し計算

4.和解交渉する

依頼者からの要望や収支の状況を考慮して、継続した返済が可能な金額(源資)を、代理人が金融業者と直接交渉します。このとき、下記の内容を基本原則として交渉を進めます。

  1. 利息を0%にする。
  2. 元本のみを長期分割払いにする。
  3. 払い過ぎていた場合(過払い金)は,全額返還する。

5.和解書,契約書を交わす

和解交渉で決まった返済金額や支払方法で和解書(債務弁済契約書)を交わします。

任意整理

6.返済を始める

和解書に従って,返済を行います。全業者の返済金相当額を依頼人の希望日(たとえば,給料日の後など)に代理人が預かり,きちんと返済をします。 第三者の協力が得られたり,ボーナスなどで繰り上げて返済することもできます。

7.完済

代理人は金融業者より完済証明書を取り寄せたり,債務不存在証明書を締結したりします。

任意整理を利用できる条件 任意整理を行うにはいくつか条件があります。まず前述のとおり、元本を5年程度の分割での返済ができる見込みがある人でなければいけません。そのため、以下の2点が重要になります。

  • 返済するための安定収入がある。
  • 今後も返済を継続していく意思がある

任意整理は利息等の見直しにより圧縮した借金を、5年程度で返済できる経済力とその意思があるかどうかが、任意整理を利用する条件となります。最近では、多くの事務所で任意整理の費用は分割で払うことができますので、借金解決相談所経由でも、それ以外でも構わないと思います。まずは専門家に相談をしてみてください。

借金の減額、利息のカットまずは専門家に相談をしてみてください。

借金の減額,利息のカット 任意整理を債務整理の専門家に依頼をすると、以下の2つのメリットがあります。

  1. 利息制限法を越える利息を支払っていた場合、支払い済みの超過利息を再計算して、その金額を残金に充当して、残金を減らすことができます。
  2. 残った残金(または利息制限法以内の利率で借りていた残金は残金全額)を対象にして、原則としてこれから先の(将来)利息をカットして、分割で支払できるようにします。

代行弁済について

代行弁済とは、任意整理後の返済を代理人事務所が仲介して行う方法です。具体的には、毎月1回だけ代理人事務所などに返済相当分をまとめて送金,それをその事務所が責任をもってそれぞれの返済先に遅れなく返済するという方法です。この方法には以下のようなメリットがあります。

  • 毎月1回だけ、しかも1ヶ所にだけ振り込めばよいので、業者ごとに返済日や返済先を気にする必要がありません。
  • 金融業者は遅れが出た場合や取り立ての際、まず代理人に連絡をとるようになります。直接金融業者から連絡が来る事が無くなるので、精神的な負担は少なくなります。

任意整理のメリットとデメリット

任意整理の主なメリットとデメリットは次のようなことです。

メリット

  • 依頼後は一旦返済が止まり取り立ても無くなります。
  • 過払い金が戻ってくることがある(又は,元金の減額が可能)。
  • 今後の支払う利息を原則0%にする。
  • 元本のみを長期分割払いにする。
  • 保証人のいる借金は整理しないなど,柔軟な債務整理ができる。
  • 資格制限がない。
  • 官報に記載されない。
  • 借金の理由が問われない。

デメリット

  • 信用情報機関へ「任意整理をした」という情報が5年を超えない期間記載されるため新たな借り入れはしにくくなります。

任意整理は、多重債務で悩んでいる方にはメリットも大きいです。デメリットとしては、信用情報へ「任意整理した」という情報が記載されることでしょう。

しかし,法律の改正から総量規制(年収の3分の1を超える借入ができない制度)が始まり,借入自体を減らさないと新たな借入は難しくなりました。

住宅や車など,必要なローンが組めるようにしておくためにも,早めに任意整理をしておくことは有効です。 ただし、交渉は簡単ではありません。より好条件で有利な形で行うために,専門家に相談をしてください。

代理人とは
代理人になれるのは弁護士と認定司法書士となります。尚、認定司法書士は1件140万円を超える場合は代理人となれません。